2019年06月29日

ヨーロッパ原産の観葉植物の中でもアイビーはもっとも有名なもので、そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。




観葉植物は最近では置いてない方がおかしく感じるほどポピュラーな存在になってきました。病院や役所は言うに及ばず、事務系のオフィスの中でも良く見かけますね。
観葉植物は風水の上でも大事な存在らしいので、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。
仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。
観葉植物の育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。ここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。
アイビーはヨーロッパ原産のつた系の植物で、低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。
アイビーはつた系の観葉植物ですから乾燥や低温に強いので、やろうと思えば一年中外に出すこともできますが、それだとあの可愛らしい葉が赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。
アイビーの場合、水やりに関しては、アイビーを植えてある観葉植物用の鉢の土の表面が乾いたら水をかけてやる、程度でのいい加減な感覚でいいのですが、そのときはたっぷりかけても軽くでもかまいません。
アイビーの手入れとしては時々切ってやるのがいいのです。そこから増やすこともできます、刺し芽は葉が2、3枚ついていればいいし、水にさしておけば根が出ますので、勢いよくなってから移す手もあります。
アイビーは観葉植物としてだけでなく、倉敷アイビースクエアや青学アイビーホールなど、建物とその周りについたアイビーが一体化して認められ、愛されている植物でもあります。
倉敷アイビースクエアではもちろん建物の外を覆っていますし、霜や直射日光にやられて赤くなったり黄色くなったりします。
そういう自然を感じさせてくれるアイビーは観葉植物としてだけでなく、自然を感じさせてくれる戸外の草花として、昔から人々に愛されてきた植物なのですね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆海川ひとみ 結婚にご興味ありますか?◆


2006競泳水着図鑑 海川ひとみ

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

デジタル出版より現在発売中のCD写真集!2006競泳水着図鑑 海川ひとみ!のkindle版写真集になります
内容は、CD写真集と同じ内容で、競泳水着画像が101枚収録されております
...さらに詳しい情報はコチラ



海川ひとみ4・5完全版part8

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

現在発売中のCD写真集海川ひとみ4・5より、未公開画像を多数収録した完全版のpart8
ロケ時に撮影したすべての画像をpart1〜part8に分割したkindle版デジタル写真集になります
収録枚数 123枚

...さらに詳しい情報はコチラ



競泳水着セレクション海川ひとみ14

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

競泳水着セレクションシリーズ!海川ひとみ14
スクール水着、コスプレ画像合わせて54枚収録
プロフィール
生年月日 1984年8月25日
撮影時の年齢 22歳
...さらに詳しい情報はコチラ






2006競泳水着図鑑 海川ひとみ

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

デジタル出版より現在発売中のCD写真集!2006競泳水着図鑑 海川ひとみ!のkindle版写真集になります
内容は、CD写真集と同じ内容で、競泳水着画像が101枚収録されております
...さらに詳しい情報はコチラ



海川ひとみ4・5完全版part8

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

現在発売中のCD写真集海川ひとみ4・5より、未公開画像を多数収録した完全版のpart8
ロケ時に撮影したすべての画像をpart1〜part8に分割したkindle版デジタル写真集になります
収録枚数 123枚

...さらに詳しい情報はコチラ



競泳水着セレクション海川ひとみ14

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

競泳水着セレクションシリーズ!海川ひとみ14
スクール水着、コスプレ画像合わせて54枚収録
プロフィール
生年月日 1984年8月25日
撮影時の年齢 22歳
...さらに詳しい情報はコチラ




posted by 結婚 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186207752

この記事へのトラックバック