2019年06月08日

ネイルスカルプチャーとはスカルプチャーネイルフォームと呼ばれる薄いシート状の土台をまず爪に貼って、その上に付け爪を作っていくことで爪の長さ自体をアクリルまたはジェルで造型することを指します。




ネイルスカルプチャーとはアクリルやジェルと言った素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。単にスカルプ、と省略したりもしますね。
単純にネイルスカルプという場合は最近のネイルサロンの場合、アクリルパウダーとアクリルリキッドで作るネイルスカルプチャーを言い、ジェルのネイルスカルプチャーはジェルネイルと呼ばれることが多いようです。
ネイルスカルプチャーはいずれにせよ、一度作ったら簡単には取り外せない(削るか薬剤で溶かすしかない)ので、両面テープではるだけのネイルチップとは少々使い勝手が異なります。
ネイルスカルプチャーはネイルチップに比べれば自然で美しいそしてゴージャスなフォームを作り出すことができます。美しさでは断然上です。
ネイルチップが安くて種類が豊富でありながらネイルスカルプチャーに負けてしまうのは、ネイルスカルプチャーは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。
ネイルチップはそういうことで、個性的な手をしている方、小柄な方、爪の形が一般的ではない方(個性ですから悪いことではないですよ)には向きません、そういう方には自在なフォームが作れるネイルスカルプチャーの選択をお勧めします。
ネイルスカルプチャーはさまざまな点でネイルチップなどの他の付け爪よりも優れているのですが、欠点ももちろんあります。値段が高いのが第一の欠点ですね。そして時間がかかるのがネイルスカルプチャーの第2の欠点。上でも述べましたがネイルスカルプチャーははがすのも一苦労です。
自宅でできるネイルスカルプチャーキットもありますし、趣味として楽しいかもしれませんが、それも初期費用はかかりますし、ともかく綺麗なネイルスカルプチャーをどうやって作るのかに慣れるまではネイルサロンでやってもらう必要があります。
ネイルスカルプチャーはもちろん成長するわけではありません。ネイルスカルプチャーを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、まめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、取るには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。
ネイルスカルプチャーの中ではジェルネイルが、感覚的にはとりつきやすいです。ジェルネイルスカルプチャーはフォームの上にジェルを塗って紫外線で硬化させるものです。紫外線を当てるまではなんども塗りなおせる点はいいのですが、柔らかいだけに綺麗な長いネイルスカルプチャーを作るのは少し難しいです。
アクリルネイルスカルプチャーはネイルスカルプチャーの主流で、最近はどこのネイルサロンに行っても「ネイルスカルプチャー」といえばこれのことなのがアクリルネイルです。硬くてじょうぶで、長い爪も作りやすいです。
最近ではジェルとアクリルのいいとこ取りのカルジェルなんていうのも人気です。ネイルスカルプチャーを選ぶときには、あなたの生活状況やお仕事に応じて、よく考えて選んでくださいね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆できちゃった結婚についてご存知でしたか?◆




誰かにしゃべりたくなる数字のネタ

価格: 1,296円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ



子どもが結婚を決めたら親が読む本

価格: 1,296円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ








誰かにしゃべりたくなる数字のネタ

価格: 1,296円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ



子どもが結婚を決めたら親が読む本

価格: 1,296円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ




posted by 結婚 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186110056

この記事へのトラックバック