2018年04月01日

ワンセグチューナーの人気を不動にしたのがバッファローの「ちょいテレ DH-ONE/U2P」というUSB接続型多機能ワンセグチューナーで、10000円を切る価格も画期的でした。その機能などは今でも標準規格と言ってよいものです。




ワンセグチューナーに関するホームページやネットショップが増えてきましたね。ワンセグ放送開始直後は静かだったのですが、2006年秋ごろからぐんぐん増えてきました。
ワンセグ放送をワンセグチューナーで見る、これってどういうことだかわかりますか?ワンセグチューナーのこと本当は知らないのによく知ってる振りをしているのであれば、ちょっとだけこの記事を読んでみてくださいね。
ワンセグチューナーはデジタルテレビ放送の受信のひとつの形態です。日本の地上デジタル放送は13セグメントに分かれているのですが、普通のテレビ放送では複数のセグメントをバンドルして放送しています。
ワンセグとはこのうちひとつのセグメントだけで小さい用量で送受信することにより普通のテレビとはまったく別に放送するワンセグメント放送の省略です。地上デジタル放送で行なわれるテレビ放送を携帯電話などの移動体で受信するための放送で、2006年4月1日放送開始されました。
ワンセグ放送で送受信するのは通常のデジタルテレビ放送の1/4の情報量ですから、ワンセグ放送の画質は落ちますが、逆を言えばその小ささが幸いして低スペックの機器で受信できると言う利点が有ります。
ワンセグチューナーでのワンセグ放送受信はそういうことで昔のパソコンでもなんとかなったりします。だからこそワンセグチューナーが受けているのですね。
ワンセグチューナーはパソコン周辺機器で有名なバッファローやアイ・オー・データ、エルザ、ピクセラ、グリーンハウスなどいろいろ出ていますが、どのようにワンセグチューナーを選べばいいのか見てみましょう。
パソコンに何かを増設する場合の最近の主流はUSBです。ワンセグチューナーもUSBが人気で機種も豊富です。サイズもUSBメモリと大して変わらないことから手軽感が有ります。
ワンセグチューナーの接続方式でUSB以外のワンセグチューナーでは昔から有るPCカードスロットタイプのワンセグチューナーと、新規格で高性能のSDIOメモリーカードスロット対応のワンセグチューナーが有ります。どちらもワンセグチューナーの数は少ないのですが、USBはほかの用途で使うことも多いので、意外にカードタイプもお勧めです。
ワンセグチューナーの人気を不動にしたのがバッファローの「ちょいテレ DH-ONE/U2P」というUSB接続型多機能ワンセグチューナーで、10000円を切る価格も画期的でした。その機能などは今でも標準規格と言ってよいものです。
ワンセグチューナー選びに大事なのはワンセグチューナーの値段もさることながら、何よりもワンセグチューナーの使い勝手です。そのひとつのポイントはワンセグチューナーに日本各地の地域別チャンネル情報がプリセットされているかどうかですね。ここは個人的に注目している注意点です。
ワンセグチューナーに付属しているソフトウェアもメーカーによって全然異なります。ワンセグチューナー選びでは結構大事で、個人的には忘れてはならないとても大事なポイントです。個人的にはアイ・オー・データのソフトがわかりやすくてお勧めですが、基本は操作画面がともかく理解しやすいこと、日本語での表示に対応しているところなどがポイントだと思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆佐藤浩市 結婚のことがなんとなく気になりませんか?◆








posted by 結婚 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182857122

この記事へのトラックバック